これは何でしょう?


掲載元:Blue Hill

見れば分かるよ、カップだよ――という声が聞こえてきそうですが、実はこのカップは骨で作られているのです。

ニューヨーク市の地産地消レストランBlue Hillは「whole-animal」――動物の全てをいただくという哲学をさらに深め、肉を調理した際に出る骨を使って食器を作っています。

昔、アメリカの人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティー』で、主人公のキャリーとボーイフレンドがKFCのチキンを互いに投げ付けて遊ぶシーンがあり、なんだか悲しかったのを思い出しました。「こんなことのために、大切な命を投げ出した鶏…」。

とはいえ、このお店の紹介記事に関わった時、正直、「骨まで!」と驚きました。

私自身が骨を使ったカップでコーヒーを飲みたいかというと、飲みたくはないかもしれません。では捨てるのがいいのか…捨てると骨はゴミになります…ゴミになるなら使うべきではないか…骨のカップが嫌なくせに肉を食べる私…など、いろいろな考えが頭の中でぐるぐると回りました。

もしかしたら、このカップの存在意義は、人々にそういう問いを投げかけることなのかもしれません。

****************************************** アメリカの翻訳・制作プロダクション 「RuコミュニケーションズLLC」の会社案内にも ぜひお立ち寄りください。 www.rucommunications.com ******************************************

最新記事
アーカイブ

    アメリカの翻訳会社・広告代理店

    Ru Communications LLC

    ​​お問い合わせ
     

    • Facebook
    • Ameba

    ​一緒に働きませんか?《いろいろな働き方が可能です 》

    • ライター・エディター:出版業界で3年以上の経験があり、できればInCopyを使える方

    • ​翻訳家:5年以上の経験がある方

    • インターン:編集・翻訳業務を手伝いながら学びたい方

    © 2016 Ru Communications LLC