ハロウィンは素通りかな…

ハロウィン前のこの時期、例年ならどの大型店にも大袋菓子の特設コーナーが設けられ、にぎわっているものですが、今年はさすがに小さな棚がレジ前に置かれた程度。売り場はコロナ禍の今をよく表していますネ…。


しかーも、店内には既にクリスマスグッズコーナーが登場していました(下)。


「ああ、今年はもう終わるのか」―――「こんな一年(涙)」。そう思うと華やかな売り場に居ながらにしてワタシは突然骸骨に変身。荒野に佇み、暴風に吹かれてしまいました(←余計な想像力)。


そんな自分に、「大丈夫、大丈夫、今年だけだよ!」といつもの確証が微妙な励まし言葉をかけ、ようやく骸骨から人間に戻りました。


物事は必ず2つの面があると常に自分自身に言っているのに、”瞬間骸骨”になる自分は修業が足りないですね。コロナでのおかげで、思いもよらなかった体験ができているのも事実です。


そこに注目していこう!


************************************

アメリカの翻訳・制作プロダクション

「RuコミュニケーションズLLC」

https://www.rucommunications.com/


私とリチャードさんの対談も読んでみてください!

https://www.rucommunications.com/interview

************************************


最新記事
アーカイブ