いつでも日本のために

 「仕事をするとき、いつでも日本のために、そして誰かのためになれるように心掛けている」と言ったら、デザイナーさんに笑われてしまいました。  確かに理想論ですよね。分かっています…でも、いつもいつも私の心の中にはその思いがあります。原稿を書くときや何かを編集するときも「これを読む人がひと時でも日常の疲れを忘れて楽しんでほしい」と思いますし、日本企業のお手伝いをするときは、全米で大ヒットして日本を潤してほしいと思います。  このような気持ちが強くなったのは、以前、取材させていただいた台湾のおじいちゃん、おばあちゃんの影響です。日本の植民地時代に教育を受けた「日本語族」と呼ばれるおじいちゃん、おばあちゃんは、今でも流ちょうかつ美しい日本語を話されます。時に難しい詩を詠われ、その意味が分からないでいると、「自分の国の言葉をもっと大切にしなさいよ」と諭されます。「日本語は美しいよ、日本語を、日本を守ってよ」と。そんなおじいちゃん、おばあちゃんが口をそろえて「日本の教育は素晴らしかった」とおっしゃいます。なぜって?常に「公」を考えて行動するように教えるからだよと。戦争しろという意味じゃない、でも日本に生まれたなら、日本をもっと大切にしてほしいのだとおっしゃるのです。  このハッとさせられる助言をたくさんの方にいただいた後、私はいつも公を思いながら生活するようになりました。  そしてこれ。アメリカ人の誕生日パーティーに招かれた時の私のギフトです。

 そう、資生堂のシャンプー「ツバキ」です!日系スーパーで買うと、シャンプーとトリートメントで33ドル(3500円)ぐらいします(日本で買うのと違って高いでしょ?)。  へ?なんでこんなもの、と思われるかもしれませんが、アメリカにはなかなかアジア人の黒髪をサラサラにするシャンプーがありません。使えば使うほど、髪がボロボロになるものが多くて…。絡まり切った髪は年のせいだと諦めていたころ、ツバキに出会ってびっくり!1日ごとに絡まりが取れていき、一週間後にはサラッサラになったのです。  だから私はこの素晴らしい日本の製品をアメリカに広げようと心に決めました。アジア系の方に限ってですけどネ。金髪にはもしかしたら合わないかもしれませんので。でもアジア人の間で噂になり広がって全米でヒットしたらいいなあと願っています。途方もない夢ですけど、もしアメリカに住む日本人がたくさん「日本製品振興大使」になったら、きっと何かにつながると思うのです。とはいえ、他の人にこういうことしましょうよと勧める勇気はありません(^^!)。  他にもこれはいい!と思った日本製品があれば、皆に配っています。今のところ、大好評なのが、「トイレその後に強力1滴消臭」です。こちらはうちにいらっしゃったお客様に「このように使ってね!1滴たらすだけよ」と伝えると、皆さん、使われた後に「これはどこで売ってる?!」となり、日系スーパーでたくさん買っていかれます。あとはダイソー(アメリカに大進出中)の商品ですね。簡単に千切りができるピーラーなど便利グッズは皆感激してくださるので、ダイソーにお連れします。  バカでしょ?そんなことしても何も変わらないよと思うでしょう。でも大好きな、大切な日本のために何かしたいなあと。小さいことでもいいから、何かしたいのです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ロサンゼルスの広告代理店・編集プロダクション 「Ruコミュニケーションズ」のHomeにもぜひお立ち寄りください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最新記事
アーカイブ

    アメリカの翻訳会社・広告代理店

    Ru Communications LLC

    ​​お問い合わせ
     

    • Facebook
    • Ameba

    ​一緒に働きませんか?《いろいろな働き方が可能です 》

    • ライター・エディター:出版業界で3年以上の経験があり、できればInCopyを使える方

    • ​翻訳家:5年以上の経験がある方

    • インターン:編集・翻訳業務を手伝いながら学びたい方

    © 2016 Ru Communications LLC