Ru Communications LLC [Los Angeles]

1.626.233.o381

​Contact us
 

© 2016 Ru Communications LLC

  • Facebook - Black Circle
  • Google+ - Black Circle
  • Blogger - Black Circle

アメリカと日本の違い「選ばれる商品はどちら?」

January 12, 2017

Q: 一生をともにする大切な人に贈る(or 贈られる)ダイヤモンドのエンゲージリング、あなたなら次のどちらを選びますか。
a) 小ぶりでもいいので質の良いもの
b) 質はあまり気にしないので、大ぶりのもの

 
Q:今日は母の誕生日なので花束を贈ろうと思います。あなたなら次のどちらを選びますか。
a) 花は八部咲きで、母の家で長く咲き続けるもの
b) 母の家ですぐに枯れてもいいから、今、全開のもの

 
多分、ほとんどの方が、どちらもaを選ばれたのではないでしょうか。
 
まずエンゲージリングについて。これはロサンゼルスの老舗宝石店「安心堂」さんを取材したときに教えていただいたことですが、日本人は「大きさよりも、質の良いダイヤ」を、アメリカ人は「質よりも大きさなど見た目の良いダイヤ」を選ぶ傾向があるそうです。
 
次に花束のお話ですが、ロサンゼルスの大手生花店「花大」さんが、このようにおっしゃっていました。「アメリカに来て驚いたのは、買ったらすぐに枯れてしまうような全開の花が生花店に並んでいること。実際、アメリカの方々は全開の華やかなものを好まれて、実は仕入れ値もその方が安いんです」。でも花大さんでは買った後も長く楽しんでもらいたいと、7~8部咲きの花を売っています。また、その方が日本のお客さんには喜ばれるそうです。
 
「大きくなくてもいい、質の良いものを」という考え方、また、贈った後のことまで考える優しさは、実に日本人らしいですね。
 
実際、アメリカ製のものは見た目ーーデザインにこだわっているものが多いです。でも、例えば電化製品なら音が大きかったり、重かったり、すぐ壊れたり…中身は二の次と言ったらひどいですが、そんなトンデモ商品もときおり売られています。

 

質の高さや機能性は抜群の日本商品。見た目でアメリカ人をうっとりさせることができたら、きっとアメリカ進出は成功するでしょう。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Google+ Basic Square