アジア人の婚約者を両親に紹介たら、ひどい反応だった:検証

July 8, 2020

連日のように人種差別事件が報道がされているアメリカで、たまたまYouTubeでこんな検証番組を見つけたので見てみました。
https://www.youtube.com/watch?v=Kom9wMpLIzE

 

アメリカのテレビ局ABCで放送されている社会派番組「あなたならどうする?(What Would You Do?)」シリーズの1つです。これはレストランなど公共の場で俳優が”問題シーン”を演じ、そこに居合わせた一般の人がどのように反応するかを検証するどっきりカメラ的な番組で、良い反応、悪い反応、どちらも放送され、視聴者に考える機会を提供します。

 

この回のテーマは「アジア人の婚約者を両親に紹介し、反対される」というもので、最初の場面では若い白人女性が両親2人に「これからフィアンセのエリックを紹介する」と話しています。両親はエリックが医者だと聞き、大喜び(全て俳優による演技)。周囲のテーブルにいる客にもその会話は聞こえています。しかし登場したフィアンセがアジア人だとが分かると、両親の態度は一変。「この人がフィアンセ?冗談だろ」「こんな人間に嫁がせるためにお前を育てたんじゃない」など、差別的な言葉を放って席を立ちます。

 

さて、ここからが検証です。隣に座っていた白人客はどのような反応をするでしょうか。

 

このエピソードでは3組の白人客が検証を仕掛けられています。

 

1組目の中高年白人カップルは、両親が席を立った後、呆然と立ち尽くす若い2人に「こっちのテーブルにおいでよ」と優しく促し、語りかけます。「私にも26歳の娘がいて、ボーイフレンドを何人か家に連れて来たけど、人種なんて関係ない。大切なのは自分たちのハートに従うことだよ。誰か他の人が望む人生を歩んでも、そこにはゴールはないんだ」と。

 

 

2組目は高齢の白人女性2人連れです。高齢の方だと、もしかしたらアジア人差別は当たり前と思ってしまうかもしれません。

 

でもその予想は完全に外れました。両親が差別的な発言をアジア人男性に放っている時、既に一人の女性は「耐えられない」と顔を覆ってしまいます。

 両親が席を立ち、呆然とする若いカップルを呼び、女性の手を握り、涙ぐみながら「私の娘が彼を連れて来たら、私は絶対に喜ぶわ。ご両親とよく話し合う必要があるわね。そして彼のことを知ってほしいと話すのよ」と励まします。

 

最後に仕掛けられるのは、さらにお年寄りの白人カップルで、今回ばかりは難しいように思えましたが、やはり違いました。

 

両親が差別的な話を始めた瞬間から、白人カップルの顔にはみるみる困惑が広がります。両親が去った後、若い2人を自分たちのテーブルに呼び、優しく「ご両親はあなたを愛しているの。だから考える機会をあげてほしい」と励まします。そして両親が戻ってきたら、今度は両親もテーブルに呼び、「アジア人は嫌だ」と言い張る父親に穏やかな口調で「そうかもね、でも彼のことを知るために、一生懸命努力する必要があるわ。彼を知ってほしいの」と伝えます。

 

 

「そうだった」と思いました。アメリカという国を埋め尽くしているのは、むしろこういう人たちなんだと。いつも助けてくれた白人の隣人や、外出先で手助けしてくれた人たち。

 

ニュースを見続けると「それが全体を表しているように思える」という錯覚状態に陥ります。差別事件のニュースを見続けた私は、これに陥らないようにと心掛けているのに、いつの間にかふらふらとその入り口まで来ていたようです。

 

正直、他の人はどうか分かりませんし、逆に当たり前過ぎるかもしれませんが、私は日本と同じようにアメリカも、差別的な人よりも、心の温かい人が圧倒的に多いと感じています。差別的な人は目立つけれど、心の温かいアメリカ人の方が圧倒的に多いことを、差別事件を扱うニュースの渦の中で、忘れたくありません。

 

このエピソードはこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」の会社案内にも
ぜひお立ち寄りください。
www.rucommunications.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

August 6, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

    アメリカの翻訳会社・広告代理店

    Ru Communications LLC

    ​​お問い合わせ
     

    • Facebook
    • Ameba

    ​一緒に働きませんか?《いろいろな働き方が可能です 》

    • ライター・エディター:出版業界で3年以上の経験があり、できればInCopyを使える方

    • ​翻訳家:5年以上の経験がある方

    • インターン:編集・翻訳業務を手伝いながら学びたい方

    © 2016 Ru Communications LLC