体も心も重くて

前回、「昔よく『生きるのが辛い』と言っていた」と書きましたが、私の心はいつも井戸の鶴瓶のようでした。重たい水を入れて持ち上げるのはとても大変なのに、手を離せばすごい勢いで井戸の底に落ちてしまう。そして暗闇に沈んだまま。必死に引き上げてもまたすぐに落ちて行く。


それが年を取るごとに、重たい気持ちが緩和されてきました。


一体なぜ?


最近、その最大の原因は‟血圧”にあるんじゃないかと思えてきました。若い頃、私の血圧は下が驚くべき30前後。特に朝は服を着替えるのも辛く、箪笥の引き出しに顔を載せ、憂鬱な気持ちでぐったりしていました。


それが、血圧が正常値まで上がった今、体が軽いのです。すると心までほんのり軽やかに!


今さらながらに調べてみると、低血圧と鬱病の判別は医師にとっても難しいんですね。この記事では、低血圧の患者に誤って鬱病の薬を処方してしまうことで、さらに低血圧が悪化し、本当の鬱病になってしまう危険性が書かれています。


早く知っていたら鉄分サプリでも何でも飲んでいたのに…なんて思う今日この頃です。


*************************************** アメリカの翻訳・制作プロダクション 「RuコミュニケーションズLLC」の業務案内にも ぜひお立ち寄りください。


こだわりの翻訳家リチャードさんとの対談はこちら







****************************************

最新記事
アーカイブ