夫の煮しめたようなボロTシャツ

交際していた頃、夫が着ていた白Tシャツはクリスピーホワイト!いつも新品みたいにパリッとしていました。そして結婚10年目。夫が着ている白シャツは、煮物でも作ったのか!?と言いたくなるほど黒ずんで、しかもヨレヨレです…。

ここで綾小路きみまろさんの定番ギャグを思い出します。

新婚の頃、口紅をひいて、夫の帰りを待っていました。

あれから数十年…夫が帰る頃、カーテンをひいて、寝ています。

10年という月日はクリスピーホワイトのTシャツを煮物に変えてしまいました。それでこっそり捨てると、「僕の“カンファタブル・シャツ”はどこへ行った?」と、煮しめシャツにナイスな名前を付けてしょんぼりするのです。

あの悲しそうな顔に負けて最近は捨てていません。が、先週、「マスクを着けた時に耳が痛い」という夫の訴えに応え、「古いTシャツで紐部分を作ってみたらどうかしら?きっとカンファタブルよ」と提案。1枚だけもらうことができました。

作ってみたら、とっても簡単だし、耳にかけてももくろみ通り痛くない♥ 柔らかくて軽くてなんだか癒し。この動画を参考にしました。とてもお薦めです。

***************************************** アメリカの翻訳・制作プロダクション 「RuコミュニケーションズLLC」の業務案内にも ぜひお立ち寄りください。 www.rucommunications.com *****************************************

最新記事
アーカイブ

    アメリカの翻訳会社・広告代理店

    Ru Communications LLC

    ​​お問い合わせ
     

    • Facebook
    • Ameba

    ​一緒に働きませんか?《いろいろな働き方が可能です 》

    • ライター・エディター:出版業界で3年以上の経験があり、できればInCopyを使える方

    • ​翻訳家:5年以上の経験がある方

    • インターン:編集・翻訳業務を手伝いながら学びたい方

    © 2016 Ru Communications LLC