ラスベガス失業率34%→現在は?

米東海岸にはかつて「ラスベガスに次ぐカジノ都市」と謳われたアトランティックシティーがありますが、現在は見る影もなく衰退しています(人気ドラマ『Sex and the City』でキャリーたちが旅した時はとても華やかでしたね)。


一方、ショーなど総合的なエンターテインメントに力を入れたラスベガスは発展を続け、ここ10年の失業率は年々減少。昨年の失業率は最も低い3.9%をマークしていました(ちなみに日本の昨年の失業率は2.4%。低い★)。


ところがパンデミックにより、今年春過ぎに失業率は34%まで一気に上昇。実に市民の3人に1人以上が失業している状態で、うちのご近所もほとんどの人が仕事を失っていました。そして銃販売店には長い行列――あの時は、いつかうちの住宅地の入り口にバリケードやそれを守る自警団が必要になる日が来るかもと本気で思いました。


そして秋。9月の統計では、失業率は14.8%まで回復しています(日本の8月の失業率は3.0%)。昨日・先週といくつかのカジノホテルを訪れてみましたが、どこも以前とは違ったちょうど良い感じの混み方で、かつコロナ前のような華やかな賑わい。もちろん、ネバダ州は公共の場でのマスク着用を義務付けていますので、マスクを着けていない人は1人も見かけませんでした。


※義姉からの追加情報:ストリップ通りにはたくさんのマスク無しの人が居たそうです(悲)。


出典:Nevada Department of Employment, Training and Rehabilitation


加えて、カジノ大手のMGMグループは11月からショーの開催を決定。これでまたシルクドソレイユも戻ってくるかな?


食いしん坊の私にとってうれしいことは、ラスベガス名物のビュッフェが徐々にオープンし始めていることです。昨日はSouth Point Hotel のビュッフェ(下写真)に行ったのですが、コロナ対策として、料理はスタッフがサーブしてくれるスタイルでした。いっぱい欲しい時はちょっと恥ずかしいかな…なんて思ったりもしていましたが、いつも逆に「もう、充分!」と止めることばかりで「Really!?」などと言われる状態。そうだ、ここは大食い大国(←失礼)でした。


第二波が来るかも?と戦々恐々のアメリカですが、ソーシャルディスタンスとマスク、手洗いを気を付ければ、混み過ぎていない今のラスベガスはむしろ快適で狙い目かもしれません。秋の風はひんやりと心地良く、レッドロックキャニオンや牧場などで、トレッキングやピクニックを楽しむにも最適な季節ですよ。



************************************

アメリカの翻訳・制作プロダクション

Ru Communications LLC


私とリチャードさんの対談も読んでみてください!

https://www.rucommunications.com/interview

************************************


最新記事
アーカイブ

    アメリカの翻訳会社・広告代理店

    Ru Communications LLC

    ​​お問い合わせ
     

    • Facebook
    • Ameba

    ​一緒に働きませんか?《いろいろな働き方が可能です 》

    • ライター・エディター:出版業界で3年以上の経験があり、できればInCopyを使える方

    • ​翻訳家:5年以上の経験がある方

    • インターン:編集・翻訳業務を手伝いながら学びたい方

    © 2016 Ru Communications LLC