アメリカの不思議、電化製品

November 6, 2018

日本の扇風機って、オンにすると、まず「弱」で次が「中」そして、一番最後が「強」ですよね。

 

でもアメリカの扇風機ってほとんどが、まず最初がいきなり「強」なんです。電化製品も辛かろうに、ゼロで休んでいたのに、つけるや否や最強パワー出さされて、次が「中」、そしてせっかくこなれてきたのに最後が「弱」なんですよ。

 

 

同じことがガスコンロにも言えます。

 

火が点いてない状態から、ひねったらまず最初が「強」ですよ。私がガスコンロだったら「俺休んでたのにいきなり何さすんですか!」とか言いそう。そして最もひねった状態が「弱」。だから弱火で煮ものとかしてて、消そうと思ったら、「強」を通らなきゃ切れないので、最後に怒ったようにボワ!と強い火が出ます。

 

 日本人だと、やっぱり順序を追って、切れた状態から弱火になり、中火になり、強火に!っていきたいですよね。そしてこういうところにアメリカ生活の縮図があります。なんだか違和感あるけど、へえ、おもしろいね、異文化…こんなこともちろん何のストレスにもならない――はずが、150個ぐらいたまった時に急にグタっと来るのです。

 

【アメリカの扇風機の公式】

音:日本の扇風機×10

風:日本の扇風機÷10

 

――――――――――――――――――――――――――

ロサンゼルスの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」のHOMEにもぜひお立ち寄りください。
――――――――――――――――――――――――――


 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

August 6, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

    アメリカの翻訳会社・広告代理店

    Ru Communications LLC

    ​​お問い合わせ
     

    • Facebook
    • Ameba

    ​一緒に働きませんか?《いろいろな働き方が可能です 》

    • ライター・エディター:出版業界で3年以上の経験があり、できればInCopyを使える方

    • ​翻訳家:5年以上の経験がある方

    • インターン:編集・翻訳業務を手伝いながら学びたい方

    © 2016 Ru Communications LLC