思わず泣いちゃった、メンタリズムドッキリ

先週、YouTubeでイギリスを代表するメンタリスト、ダレン・ブラウンが仕掛けた大掛かりなドッキリを見ました。

世界の終わりというとんでもない状況になると、ダメ男でも変わることができるか?という実験的なドッキリです。

冒頭ではまず大勢の人々を集めた"人気映画のエキストラオーディション”のシーンが映し出されます。このオーディションは、実はダメ男かつ催眠術にかかりやすいターゲットを探すためのもので、そこで見事に選ばれたのがスティーブンという若者でした。

スティーブンにはオーディションに落ちたと伝えられていますが、テレビ局は密かに彼を追っています。家族に取材すると、見立ての通り、スティーブンはいつも家でゴロゴロ。やる気も、人への感謝の気持ちも、家族への愛情もないダメ男でした。家族の全面協力のもと、このダメ男に世界の終わりという信じられない体験が迫ります。

こちらがそのYouTubeです。

さて、ここからネタバレを含むので、動画を見てから、どうぞ、お読みください。

メンタリストのDaigoさんの手法を見ても、私たちは何かを判断するとき、その前に見たものや聞いたものに大いに影響されていることが分かります。テレビで見られた方も多いと思いますが、「赤と青と黄色のどのボールを選んだか、当ててみましょう」というようなクイズも、Daigoさんがあらかじめ相手に選ばせたい色の名前をさりげなく話していたり、その色のものを事前に見せていたりして、相手の判断を操っています。

この作用を使って、ダレン・ブラウンは怠け者スティーブンの判断を変えていきます。

結果として、スティーブンは自分を犠牲にしてでも14歳の女の子を守ろうとする立派な青年へと成長します。

そんな中、最も興味深く感じたのは、スティーブンを成長させるために準備された3人のキーパーソンでした。

1.理想とする人物(正義感が強いリーダー的な男性) 2.守るべき人物(ここでは14歳の少女) 3.自分勝手な人物(自分だけ逃げてしまう)

要は、まるで思ったままの色付きボールを選ばせるように、この3人に会わせることで、ダレンはスティーブンを急速に成長させたのです。

このメンタリズムショーを見て思ったのは、私の人生にもこの3人がいた…ということでした。私を育ててくれた先輩。いつも温かい言葉で私を励まして、褒めて、慰めてくれた先輩は私の理想でした。また、本の虫だった私にとっては、たくさんの偉人が私の目標でした。

そして守るべき人物。お子さんががいらっしゃる方は特に、子どものためにと思うと自分がまるで別人のように強くなる経験をしたことがあるでしょう。私も夫や犬のために、アメリカという外国で、信じられない馬鹿力を出せることが分かり(アメリカで大黒柱になることなど)、それが自身の成長につながっています。

そして何よりハッとさせられたのが、3の自分勝手な人物です。意地悪な同僚、軽薄で自分勝手な人…関わっているときは、本当にストレスフルで打ちのめされますが、ダレン・ブラウンのメンタリズムショーでは、この「嫌なヤツ」も成長の重要な鍵として配されています。そして、私も私自身の心を観察すると、あの人たちに会わなかったら、ああはなりたくないという強い気持ちは生まれなかった、そして今の自分は存在しなかったことに気付くのです。

私だけでなく、誰の周囲にもきっと1、2、3の人物がいると思います。

まるでダレン・ブラウンのメンタリズムショーのように、彼らは私たちを成長させるために置かれた人々だと、今のうちに気付いておきたい――なんて思った先週でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ロサンゼルスの翻訳・制作プロダクション 「RuコミュニケーションズLLC」のHomeにもぜひお立ち寄りください。 http://www.rucommunications.com/ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最新記事
アーカイブ

    アメリカの翻訳会社・広告代理店

    Ru Communications LLC

    ​​お問い合わせ
     

    • Facebook
    • Ameba

    ​一緒に働きませんか?《いろいろな働き方が可能です 》

    • ライター・エディター:出版業界で3年以上の経験があり、できればInCopyを使える方

    • ​翻訳家:5年以上の経験がある方

    • インターン:編集・翻訳業務を手伝いながら学びたい方

    © 2016 Ru Communications LLC