かわいそうなベッシー

今日はちょっとプライベートなお話…

我が家には2匹の犬がいる。 1匹は何度もシェルターに捨てられて人間不信のバクスター君(10歳)。 もう1匹は最近、人が「いらない」というので引き取ってきた10歳のベッシーおばあちゃんだ。

ベッシーは本当に良い子だ。

バクスターは予防接種に連れて行けば、ベッドの上におしっこと大きい方まで漏らして大暴れする。そんな暴れん坊に慣れている私は、静かに腕を差し出してただ痛みをこらえているベッシーに感動すら覚えた。この子は本当に我慢強い子なんだ。

家の中にいても、バクスターの言うことは、まるで江戸時代のお嫁さんのように素直に聞く。どけと言われたらどき、バクスターが遊びたいといえば、遊んでいたボールを譲る。

その、元の飼い主の家にいたときもそうだ。ようやく歩き出した、その家の赤ちゃんがベッシーの背中に乗っても、唸ったり吠えたりせずに静かに痛みに耐えている。そんな健気な子だ。

元の飼い主に飼われたのは、ベッシーが生まれてすぐのころ。元の飼い主は大変な可愛がりようで、大学の授業にもカバンの中に入れて連れていった。

でもベッシーの幸せな日々は10歳という高齢(人間年齢77歳)になって、急に終わりを告げた。飼い主に赤ちゃんが生まれたのだ。飼っていたもう一頭の足を引きずっていた大型犬はあっという間に安楽死させられた。ベッシーはさすがに大丈夫よね、と心配していたが、やはりベッシーも「いらない」と。

ちなみに彼らはベッシーを散歩に連れて行ったことはほぼない上、排泄もベランダに置いたペットシートの上でやらせていたので、猫ほどの手間しかかかっていない。

うちに連れて帰ってからのベッシーの落ち込みようはかなりのものだった。家の壁のそばに座って肩を落としたままカーペットを見つめている。表情は暗かった。どんなにおやつをあげても、散歩に連れて行っても、小刻みに震えてしょんぼりとしていた。

うちに来てすぐのころ https://www.instagram.com/p/BS7m1kiByck/?taken-by=ruandbax

赤ちゃんができたから飼えなくなったという理由は、私は嫌いだ…。10年一緒にいたなら、最後まで面倒をみてやってほしい。アレルギーとかなら話は別だけど…。

うちに来て6カ月経ち、ようやくベッシーの目に光が戻ってきたころ、私はふと元の飼い主のインスタグラムを見てしまった。

「じゃじゃーん!猫を2匹飼いました!息子に動物をリスペクトすることを教えたいからです!」。

リスペクト?

リスペクトすべきは10年あなたに寄り添ったベッシーじゃないのか?辛いときも悲しいときも一緒にいてくれた老犬、ベッシーじゃないのか?

犬じゃないだけ良かったよと夫は言うけど、リスペクトが目的なら、ベッシーをリスペクトしてほしかった。動物はおもちゃじゃないよ。いらないからポイってするわけにはいかないんだよ。

ベッシーがかわいそうだ!

最新記事
アーカイブ

    アメリカの翻訳会社・広告代理店

    Ru Communications LLC

    ​​お問い合わせ
     

    • Facebook
    • Ameba

    ​一緒に働きませんか?《いろいろな働き方が可能です 》

    • ライター・エディター:出版業界で3年以上の経験があり、できればInCopyを使える方

    • ​翻訳家:5年以上の経験がある方

    • インターン:編集・翻訳業務を手伝いながら学びたい方

    © 2016 Ru Communications LLC