アメリカの広告表現 その3《デザイン》 デザインと文化

昨日はクリスマスでした。スタッフド・ラム・ローストを作ろうと引っ張り出したのが、この↓アメリカのレシピブック。全40種類ぐらいのレシピが載っていますが、例のごとく写真は1枚もありません。

アメリカ人って偉いなあと感心する瞬間。

出来上がりの写真も無しで、手順の写真も無しで、きちんと作り上げるのでしょうね。

アメリカに来たときは、「こういう面でアメリカは遅れてる!」と鼻息を荒くしていました。しかしアメリカ人に日本の「親切な」印刷物を見せても、一様に「なんでこんなにゴチャゴチャしてるの?」という反応ばかりでした。日本の方が絶対いいのに!

そうこうしているうちに私の目にも不思議な現象が起きました。「すっきり放任主義」のアメリカのデザインの中で10年近く暮らした結果、あれほど崇拝していた日本の親切なデザインが、ごちゃごちゃに感じるようになったのです(それでもやっぱりレシピは日本の方がいい!)。

そういえば!色々なことを比較してみると、同じような傾向があります。例えば電車。日本の電車は「次はどこに着きます」「お忘れ物など…」など、かなり親切に教えてくれます。しかしアメリカの電車は放送を極限まで抑えて静か。自分自身がしっかりしていないと乗り越しそう。エレベーターもアメリカのエレベーターは「指が挟まれないよう…」などの放送もなく、しーんとしています。こういうところに、アメリカらしい「自分で判断する、選ぶカルチャー」が垣間見えます。

どちらが良いかという話ではありません。

郷に入れば郷に従え。

日本人対象の印刷物を作るときは、「親切を極める」。 アメリカ人対象の場合は、「シンプルを極める」必要があるということです。

私がアメリカ人対象の宣伝物を作るときは、日本の広告業界で鍛えられた経験を生かして、アメリカ人が好むすっきりした美しさを第一にしつつも、日本的な分かりやすさをしっかり取り入れるようにしています。これがなかなかチャレンジングですが、クリエーターとしては腕がなるところなのです。

最新記事
アーカイブ

    アメリカの翻訳会社・広告代理店

    Ru Communications LLC

    ​​お問い合わせ
     

    • Facebook
    • Ameba

    ​一緒に働きませんか?《いろいろな働き方が可能です 》

    • ライター・エディター:出版業界で3年以上の経験があり、できればInCopyを使える方

    • ​翻訳家:5年以上の経験がある方

    • インターン:編集・翻訳業務を手伝いながら学びたい方

    © 2016 Ru Communications LLC