Ru Communications LLC [Los Angeles]

1.626.233.o381

​Contact us
 

© 2016 Ru Communications LLC

  • Facebook - Black Circle
  • Google+ - Black Circle
  • Blogger - Black Circle

新井浩文さん逮捕と、一部の日本人の醜い心

February 6, 2019

2/1に俳優の新井浩文容疑者が強制性交の疑いで逮捕されました。まだ捜査中で罪が確定したわけではないですが、もし本当に強制性交を行ったのなら、とても許せない行為だと思います。

 

一方で、この問題を「韓国人だから」とひとくくりにして非難する人がいるのはとても悲しいことと思います。彼は日本で生まれて日本で育った人ですよ(しかも三世)。アメリカにも色々な国の三世、四世がいますが、犯罪を犯したとしても三代前の祖国なんて辿って人種を非難することはありません。たとえ新井浩文容疑者が、自分は韓国系だからと強く意識して生きていたとしてもです。彼を育てたのは日本の地であり、日本の文化です。

 

そして、この一人の犯罪を見て、鬼の首を取ったように韓国を罵る書き込みがたくさんあるのも悲しいことです。もちろん韓国政府が日本にしている態度はひどいです。私も韓国政府は大嫌い。でもこの犯罪が「韓国人だから」という結論は、あまりにも幼稚じゃないですかね。

 

写真はツイッターより https://twitter.com/araihirofumi

 

嫌韓意識が急速に高まる今、ひとつ心にとめておきたい点は、日本人と韓国人の気質の違いです。日本というのは割と、皆の意識が同じになりやすい国と思います。韓国は許せない、だから嫌韓が急速に進んで、韓国の歌手が好きな人がいれば堂々と文句を言ってみたりする。でも韓国人はちょっと違います。国が反日教育をしても、洗脳用の記念館を作ってみても、ならえ右で同じ意識にはなりません。

 

私が韓国に住んでいた2000年前後は、今よりも反日教育が盛んでした。テレビも日本人に関しては言いたい放題。そんな中、「日本は有り(日本の良いところが書かれた本)「日本は無し(日本の悪いところが書かれた本)」の2冊が発売され、ベストセラーになりましたが、その両方がよく売れていて驚きました。日本では韓国を褒めちぎった本がこのように売れるでしょうか。また、当時韓国は、世界で最も日本語を学ぶ学習者が多い国でした。日本でも韓国語教室がありますが、1週間に1クラスぐらい、小さいものがあるかないかでしょう。でも私が指導していた1つの塾だけとっても、日本語クラスが1週間に約100クラスもありました。本当に反日なら、その国の言葉をこんなにたくさんの人々が習うでしょうか。

 

今、ネットを見れば見るほど、韓国という国が嫌なものに見えてきます。おのずとそこに住む人々も…となるのはしょうがないことと思います。私だって、もう一度言いますが、韓国政府は嫌いです。でも、ネットの中には、ある特定の刺激的な内容ばかりがクローズアップされていることを忘れてはいけません。例えばアメリカに住んでいると、東京は世界で最ももろい都市だ(地震による都市崩壊)という記事などを目にする機会が多くあります。「東京はそれほど危ないのか?」と他の記事を読めば、さらに東京と地震に関する記事が出てきます。それを見続けた結果、在米日本人の中には、東京には怖くて行けないという人が出てきています。逆にアメリカの銃乱射の記事を何度も目にした日本人は、アメリカに住んだら銃乱射に遭って死ぬんじゃないか?と思ったりもします(現実にはそうは遭遇しません)。

 韓国に住む人々の優しさや温かさなど、そんなニュースにもならないことは、本当は大切なコアであるにも関わらず、新聞のトップニュースとして紹介されることはありません。

 

韓国の人々がよく私に言った言葉は「子どものころから反日教育で、日本は嫌いだった。でも実際に会った日本人は本当に親切で優しかった。だから今は日本が大好き」でした。韓国の人々は、日本人よりもいい意味で単純です。優しさや親切を裏読みすることなく、あっさり受け止めて、「私は私の考えで行く」と判断する人が多いのです。日本人と同じような顔をしているけれど、色々なことが違います。

 

とはいえ、韓国の政府の出す決定や失礼な態度には、非常に腹が立ちますよね。では韓国の人々に(政府ではなく)、私たちはどのような態度を取ると良いのでしょうか。

 

以前日本で知人(日本人)と地下鉄に乗っていたら、電車の中で観光日本語の教科書を広げて一生懸命勉強している韓国のお年寄りが前に座りました。私は本当に微笑ましいと思ったし、韓国でも日本のことはそうよく言われていないだろうに、来てくれてありがとうと思いました。しかし知人はそうは取りませんでした。そのお年寄りに聞こえるように、「韓国人が日本に来やがって。帰れ帰れ」。「アリガトウゴザイマス」「ドウイタシマシテ」と拙い発音で練習しているお年寄りの頭に、鋭く真っ黒な言葉が降りかかったのです。私はあわてて彼女を制止しました。幸いにもお年寄りは、日本語にそこまで堪能ではなかったので気付かずに済みましたが、こうやって日本を好きで来てくれている韓国の方々に冷水を浴びせることが、愛国者の取るべき行動なのでしょうか。

 

韓国への腹立たしい気持ちは分かりますが、私自身は、国のことは国に任せて(国はある程度毅然とした対応が必要かと)、私たちは小さな兵士ばりに韓国の人々を攻撃するのではなく、小さな平和大使として、人と人は繋がれると信じて、優しい気持ちで草の根運動をしていくことが大切だと思います。国同士が戦争をしていても、人間同士が友情で繋がることは珍しいことではありません。

 

実際、日本を愛する気持ちが強い人であるならば、日本人ならではの美しい気質を持ち続けることが、大切な日本をさらに美しくする一番の愛国的行動ではないでしょうか。また、韓国と本当に国交断絶したなら経済的損失もはかりしれません。そういった面でも、厳しくやり合う政府間の下で、二つの国が断絶しないよう、別次元の人間的な優しい運動を行うのが何より愛国的であると私は思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ロサンゼルスの翻訳・制作プロダクション
RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Google+ Basic Square