キットカットがやる気を見せてきた

アメリカのキットカットって長らくやる気ゼロでした。 日本のように創意工夫を凝らして、色々な味や色、プロモーションを展開することもなく、プレーン味一択。変化を拒み、あえて目立たないよう努めているかのようなチョコだったのです。 それが最近では、アップルパイ味がスーパーに出回り始め、昨

電力会社のお願いがアメリカらしい

先週、ネバダ州の電力会社から住民に2日間の節電のお願いが来ました。こういうのって日本では経験したことがないのですが、18日と19日の午後2~10時だけ、「できるだけ」節電してくださいというゆる~いものでした。 ですがご近所アプリNextdoorを見ると「がんばって節電しよう!」と

非常識な投稿

昨日、ご近所アプリNext doorを見ていたら、「売ります」コーナーに干からびた動物みたいなものがアップされていました。開いてみたら白い猫の死体!商品名は「本物の猫のミイラ」ですが、ミイラでも何でもない、単なる乾燥した新しい死体でした。 しかもその説明文がひどい。 「これは本物

ごめんなさい、飲み放題につられて

先週末は箍(たが)が外れました――ところで箍って何か知っています?木のオケなどの外側にはめる輪の部分のことです。箍が外れてオケがパッカンと開いたところを想像して、なんだか笑っちゃいました。 いつもなら断るのですが――カジノホテルのVIPギャンブラーである義姉さんの「4コースディナ

ラスベガスの暮らしとコヨーテ

ラスベガスの街はGPSが追い付かないほど、日々進化していっています。住宅地がどんどんでき、ピカピカの道路が日々どこかで完成。かくいう我が家も新興住宅地にあり、道路も家も、そして周囲の店も全て新しくてとても気持ち良い! ですがこの地にもともと住んでいた動物にとってはどうでしょう…。

ラスベガス「極度の高温警報」発令

8月20日、日本では滋賀県の東近江市が39.2度で最高気温だったそうですが、ここラスベガスでは、30℃台なら悲しいかな「ラッキー」という感じ…。午前中はどうには30℃台ギリですが、今日も午後には46℃まで上がります。 湿度が10%前後なのでジメジメという不快感はナシ。ただし乾燥+

夫のボロTシャツの心理学!?

心理学者・加藤諦三先生の大ファンで、「行動の裏側にある心理」を考えるのが好きな私。 前にも書きましたが、加藤先生の教えで最も印象的だったのは、「怒るのはOK」でも「怒り過ぎている」時は心の中に何かがあるというお話です。怒り過ぎている時は、その事柄よりも、むしろ全く関係ない自身の劣

夫の煮しめたようなボロTシャツ

交際していた頃、夫が着ていた白Tシャツはクリスピーホワイト!いつも新品みたいにパリッとしていました。そして結婚10年目。夫が着ている白シャツは、煮物でも作ったのか!?と言いたくなるほど黒ずんで、しかもヨレヨレです…。 ここで綾小路きみまろさんの定番ギャグを思い出します。新婚の頃、

きたきた!家庭用●●●がきた!

待ちに待ったブツがアマゾンから届きました! コンパクトなサイズですが、これ、家庭用サウナなんです。 うちには大きなバスタブがあるのですが、「アメリカあるある」で、タブがいっぱいになる前にお湯切れになり、使えたことがありません(涙)。 「泡風呂+さっとシャワー」というアメリカ式なら

長々と悩む!

前回、翻訳の仕事について、「私たちは単語たった一つに何時間も悩んで…」と書きましたが、本当、いつまで悩んでいるんだ?と思うほど、延々と悩んでいます。 だから、アメリカではギャラを時給で計算することがあるんですが、時給は嫌なんです。長くなり過ぎたら金額が高くなって申し訳ないので、早

長年の仕事仲間と初めて電話

もう5年以上もうちの仕事を手伝ってくれているKさんと、先日初めて電話で話しました。 ネットが発達した現代、もう仕事仲間がどこに住んでいようと関係ないですよね。地球の反対に住むKさんとはメールやラインでやり取りし、気が付いたら生声を拝聴せぬまま5年以上経っていました! 仕事仲間って

無条件に口ぽかーんとなる男性

YouTubeを見ていて、「な、なになに?とっても素敵!」とまさに磁石のように惹き付けられた男性がいます。滋賀県の龍谷大学で社会学部の教授をされている李相哲先生です! 写真:李相哲TVより 無条件に「素敵だな~」と口をぽかーん。調べてみたら、先生はやっぱり“朝鮮族”でした。 朝鮮

ケミストリーで惹かれる男性

人間は「自分にない遺伝子を持っている相手に惹かれる」ということが分かっています。子孫を強くするために、本能がそうさせるのだと。 恋に落ちるのも、本能の操るまま…なんて言っちゃうと身も蓋もないですけど、逆に冷静に、自分が惹かれる相手を見れば、自分が持っていない遺伝子の要素が分かるか

ラスベガス:コロナ禍で増えたもの

コロナ禍になって、道端でよく見かけるようになったものがあります そう、メッセージストーンです。誰かが作って公共の道端に置いていっています。 前の日にあったものがなくなっていることもあるので、きっと気に入ったものを持ち帰る人もいるのでしょうね。 なんだか自分に届けられたメッセージの

これは何でしょう?

見れば分かるよ、カップだよ――という声が聞こえてきそうですが、実はこのカップは骨で作られているのです。 ニューヨーク市の地産地消レストランBlue Hillは「whole-animal」――動物の全てをいただくという哲学をさらに深め、肉を調理した際に出る骨を使って食器を作っていま

世界中が困ってた!狂暴オクラ

なんの話かって…生まれて初めて収穫した、家庭菜園のオクラです! 「オクラって逆さまに生えるんだね~」 「あと数週間待つと、もっと大きくなるかな(←欲張り)」 なんてワクワクして母に写真を送ったら、「大至急収穫しなさーーーいっ!繊維ゴワゴワで食べられなくなるよ!!!!」 慌ててネッ

「幸福」を全ての目安に

今日から月末まで、平日のみ、毎日、一言ずつ何か書いてみようと思い立ちました。できるかな~(笑)。 僧侶が日々仏道修行に励む「虎の巣」 仕事でブータンの観光政策について知る機会がありました。 ブータンと言えば「幸せの国」と呼ばれています。1972年、第四代ジクメ・シンゲ・ワンチュク

一極集中の不安

経営セミナーなどでもよく言われますが、リスク回避の鍵は「リスク分散」です。 例えば、取引先がたった1社しかない場合は、年間1億円の売り上げをくれたとしてもリスクは高い状態です。その1社が倒産したら、共倒れになってしまいますからネ。貯蓄や投資にしてもそうです、一つの銀行や会社に全額

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebookの - 灰色の円
  • ブロガー - グレーサークル

アメリカの翻訳会社・広告代理店

Ru Communications LLC

​​お問い合わせ
 

  • Facebook
  • Ameba

​一緒に働きませんか?《いろいろな働き方が可能です 》

  • ライター・エディター:出版業界で3年以上の経験があり、できればInCopyを使える方

  • ​翻訳家:5年以上の経験がある方

  • インターン:編集・翻訳業務を手伝いながら学びたい方

© 2016 Ru Communications LLC